はっぴぃ ちゃこりん | TOP > 三都物語~京都福豆編~
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2008.11.24 (月)

三都物語~京都福豆編~

またまた、コメントやみなさまへのご訪問が滞っており申し訳ありません。
当選発表後、当選者の方には、ご連絡ありがとうございました。これから、発送作業に取り掛かり(遅くて申し訳ありません)、今週末頃には到着すると思いますので、楽しみに待っていてください。(サプライズな、ポストカードをちょっと待っているので・・・)
また、最近(いつものことですが)日記の更新が。。。ネタは、遊び廻っているので、沢山あるんですが・・・
1ヶ月以上物をアップします。関西等旅行です。本来三都とは、大阪・京都・神戸かな?先月行った、京都・大阪・名古屋の旅行報告で~す。

10月16日(木)の早朝出発
ちゃこりんたちの休憩に、パーキング沢山寄って、浜名湖でうなぎ弁当食べたり、途中東名集中工事のお陰で、13時間かかって京都に到着
これから、3泊するお宿は、だいや旅館さん。ちゃこりん共々お世話になります。
到着するやいなや、お迎えしてくれたのが、次の日からお世話になる、ちゃこの異母姉妹福豆ちゃん、兄貴分の黒豆くん、そして、飼い主こやぶんさん。その時の写真は、ありませんが、様子は、こちら→豆堂日記
道中、疲れたところに、こやぶんさんから、みたらし団子(ちょっと変わってて、きなこがまぶしてありました)をいただき、疲れも吹っ飛び、その後、明日にそなえ、早々に床につきました。

10月17日(金)

本日のご案内担当は、福豆ちゃん。日頃から鍛え抜かれた、健脚の持ち主
修学旅行生より先にと、先ずは清水寺へ。こちらは、ワンコOKですが、抱っこしなくてはいけません~
清水の舞台から福豆ちゃん(左)&ちゃこ。初対面・・・01京都
ちゃこ&りん02京都
清水の舞台をバックに04京都
これから、1日市内観光お願いします。福豆ちゃん05京都


本日画像多数のため、たたみます!
続く

この様子も、こやぶんさんの豆堂日記を見ながら行くと、京都の事が良く解ります。俺っちのつたない説明では・・・&記憶が薄れてます・・・

清水寺を後に、市内散策
八坂の塔をバックに07京都
08京都
市内のご様子09京都
10京都
11京都
一力さんの門前で12京都
良く火サスの殺人現場になる場所だとか?13京都14京都
福豆ちゃんを抱っこして15京都

京都市内祇園観光から一路嵐山へ渡月橋へ到着16京都
こちらへ来る前に購入した、出町ふたばの豆餅を桂川を見ながら、食しましたりんもちょこっと17京都
ちゃこも食べたくて、待ってます18京都
ちゃこりんは、よう食べるねとあきれ顔の福豆ちゃん19京都
ごちそう様の笑顔満点のちゃこ&りん20京都22京都
食べる前に撮れば良かった豆大福俺っち3っつペロっとごちそう様21京都
前にもちょっと載せましたが、豆さん達の勝負服をこやぶんさんが、わざわざリュックに入れて持って来てくれました23京都
「カフェレストラン赤マント」さんで、食事をして、いざ嵯峨野へ福豆ちゃん達は24京都
うちら夫婦とちゃこりんは、ワンコOKの人力車がお迎に
イケメン車夫さんが、颯爽と25京都
えびす屋さんのJ-BOYさん登場
それでは、人力車でレッツラGO-26京都
嵯峨野の竹林にて、イケメン車夫さんに抱っこされ、ご満悦の福豆ちゃん
ちゃこりんは、何してんの?27京都
清涼寺28京都
二尊院31京都
途中ちょっとした紅葉も30京都
32京都
33京都
途中にいた、イケメン車夫さんもプラス
ボカシを入れてありますが、本当に良い笑顔です34京都
快調に飛ばしていたところ、舞妓さん発見35京都
渡月橋をバックに36京都
一流料亭「吉兆」前にて37京都

この時のために購入した渡月橋のTシャツ=いい年してペアルック38京都
嵐山を後に、最近賀茂川沿いに移転した「9689」さんへ
42京都
ここで、偶然お会いして、後ほどまたお会いする運命にあった、大和魂さんとぱぐこさんちのパグ斗くん39京都
かりんちゃん40京都43京都
お店の前で記念撮影44京都
賀茂川沿いのロケーションの良さ45京都
その後、広~い京都御所で、ちょっとお散歩46京都
ここまで、福豆ちゃんの健脚をいかしての京都案内ありがとうございました41京都

この後夜の部は、黒豆さんのご担当へと変わります

つづく

















スポンサーサイト
 

管理者にだけ表示を許可する

 
TrackBackURL
→http://chakorin3.blog123.fc2.com/tb.php/67-a910de6e
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。